コンテンツ紹介

目的やレベルに応じた充実したコンテンツ展開なので、
単独での導入はもちろん、組合わせることも可能です。
迅速かつ柔軟に貴校の教育方針やカリキュラムに
合わせた内容で導入ができます。

レギュラーコンテンツ 一覧表

コンテンツ一覧表
CEFRとGTEC®・英検®の対照表は文部科学省発表の資格・検定試験とCEFRの対照表(平成30年3月版)を参照しました。
学研コンテンツとCEFRの対応はあくまでも参考でございます。

しゃべって身につく小学英語
Elementary English for Speaking

対象:小学生

新学習指導要領に対応した小学英語を学ぶコースです。レッスンでは、キーフレーズ・一緒に使える英単語を学んでから「話す」練習を丁寧に行います。児童のレベルに合わせて会話練習ができる「Chat Time」で腕だめしをしましょう。事後学習のワークシートで「書く」練習まですることで、4技能をしっかり身につけることができます。

中学英文法 for スピーキング 1~3
English Grammar for Speaking

対象:中学生

英語学習における出発点として、「話す」ことに重点を置き、実際に「話す」ことを通して必要な文法や単語を習得していきます。25 分間のレッスンでは、学習する重要文型を、豊富な語彙・フレーズを用いて反復練習を中心に展開。さらに、講師とのフリートークを通して、学んだ文型を「話せる英語」として身につけます。

高校英文法 for スピーキング
Essential
English Grammar for Speaking

対象:高校生(初級)

教科書で習った文法項目を機能的に使えるようにするため、ターゲットとなる文法表現を用いた文を作る練習をしたあと、与えられたテーマについて講師と会話しながら文法の習熟をはかるコースです。「エッセンシャル」コースでは、中学で習った基礎的な文法項目をより小さなユニットに分割して丁寧に練習できます。

高校英文法 for スピーキング
Standard
English Grammar for Speaking

対象:高校生(中級)

教科書で習った文法項目を機能的に使えるようにするため、ターゲットとなる文法表現を用いた文を作る練習をしたあと、与えられたテーマについて講師と会話しながら文法の習熟をはかるコースです。「スタンダード」コースでは、高校範囲の文法項目のうちスピーキングに役立つものをひと通り練習できます。

高校英文法 for スピーキング
Advanced
English Grammar for Speaking

対象:高校生(上級)

文法をひと通り学んだ高校生向けのコースです。スピーキングで役立つ文法表現を機能別に整理・再構成したレッスンシラバスが組まれています。各レッスンでは複数の文法項目を横断的に扱います。たとえばLesson 5「対象・譲歩をあらわす表現」では、but、however、though[although]、inspite of [despite]、on one[the other] hand…など、副詞、接続詞、前置詞、イディオムを用いた文が登場します。

トピック・トーキング
初級編
Topic Talking

対象:中学2年生~高校生

4技能5領域の「やり取り」に特化したレッスンです。1レッスンで2つの話題について、質問に対して付加情報を加えて答える練習をします。実際の会話では、内容が予測できないため、このレッスンでは「即興性」を大切にしています。また生徒さんに自分の話したい話題を選んでもらうことで、話す意欲が高まる仕組みになっています。

NEWコンテンツ

トピック・トーキング
中級編
Topic Talking

対象:高校生

4技能5領域の「やり取り」に特化したレッスンです。1レッスンで2つの話題を生徒さんが自由に選択することができます。自分のことばかりではなく、3人称を使って自分以外の事柄について話す練習をします。一方的に講師が質問するのではなく、生徒が生成した質問を講師にする場面を設けることで、会話が続き広がる仕組みになっています。

ロジカルスピーキングトレーニング
スタンダード
Logical Speaking Training

対象:高校生(中級以上)

英語でロジカルに説明するための「主張→根拠→結論」という型を繰り返し練習・定着させるレッスンです。こうした「型」に沿ってスピーキングできる力は、各種民間試験での評価基準でも重要な要素となっています。レッスンのトピックは、教科書や民間検定試験のスピーキング・ライティングパートで扱われることの多いテーマから厳選。高校生に身近なものからより社会的なものまで様々な分野のトピックで意見を述べる練習をします。

NEWコンテンツ

ロジカルスピーキングトレーニング
アドバンスト
Logical Speaking Training

対象:高校生(上級)

英語でロジカルに説明するための「主張→根拠→結論」という型を繰り返し練習・定着させるレッスンです。「アドバンスト」コースでは、「スタンダード」コースより高度な内容のトピックを扱うとともに、「根拠」の部分で理由を補強するディスコースマーカーを取り入れ、より説得力のある理由付けをする練習をします。

英検® 二次試験対策トレーニング
Speaking Training for Eiken® Test

対象:中学生~高校生

試験対策

英検®の二次試験を想定した模擬試験を、外国人講師と本番と同じ流れで練習を行うレッスンです。模擬試験を1回分行ったあと、講師からフィードバックを受けます。その後、フィードバックを活かして模擬試験の2回目を行います。

GTEC® スピーキング対策トレーニング
Speaking Training for GTEC® Test

対象:高校生(中級/上級)

試験対策

模擬問題を使って展開する、GTEC® Basic/Advancedのスピーキングパートの対策講座です。このレッスンは「PART A 音読問題とPART D 意見陳述問題の対策」と「PART B 応答問題とPART C イラスト描写問題の対策」の2レッスンをあわせて受講いただくと、GTEC® Basic/Advancedのスピーキングパートのすべての形式の対策ができます。Partごとの模擬問題で問題形式に慣れることができ、模擬試験後の講師によるフィードバックで、攻略のポイントがしっかり身につきます。

導入カリキュラム例

中学生向けカリキュラム例

  • ◎基礎英会話で基本的な英文法を用いたアウトプットの練習
  • ◎実践的なトピック編でリアルな会話を体験
レッスン回数 15回

1学期 5回

中学英文法4回+トピック1回

2学期 5回

中学英文法4回+トピック1回

3学期 5回

中学英文法1回+トピック4回

高校生向けカリキュラム例

  • ◎基礎英会話で基本的な英文法を用いたアウトプットの練習
  • ◎ロジカルスピーキングと英検対策で本格的な外部試験対策
レッスン回数 20回

1学期 6回

高校英文法3回+トピック3回

2学期 8回

高校英文法3回+ロジカルスピーキング5回

3学期 6回

トピック2回+ロジカルスピーキング3回+英検対策1回

特別プログラム

より高い学習効果を実施するために、
学研グループがトータルサポートいたします。

英検対策パンフレット表紙

学研英検®(準1級・2級)
4技能対策パック

英検®の「一次対策」と「二次対策」をトータルサポートします。 合格率をアップさせる指導体制を学校内で簡単に構築できます。

まずはお気軽にご相談ください

無料レッスンをお試し下さい